不動産投資のリスクの中でもっとも大きく、コントロールすることが難しい要素の一つが空室問題です。

 

もちろん居住者となる方に「住みたい」と思わせることができるよう、物件自体の魅力を高めていくことは何よりも重要です。

物件の魅力を高めることは居住者の満足度を上げることに繋がりやすいことから、せっかく入居してもらった居住者に長く物件を借りてもらえる確率が高まるため、安定した収益を上げるためにも有効でしょう。

ですがそれだけでは空室を埋めるのは難しいケースが多くなります。

 

自身の物件に住んでもらうためにはまず、その物件自体の存在と魅力を伝えねばなりません。

ネットが発達している現在、空き室を減らすためのポイントとなるのは、シングルタイプ賃貸物件検索の入り口としてメジャーなインターネット広告をいかに効果的に行うかでしょう。
都内の賃貸マーケットはSEO市場であり、ホームズ、アットホーム、スーモ、フォレント、ヤフー不動産などのメジャーな媒体で、いかに目立つかがテナント付けに直結するのです。

そのため、特定の検索条件で検索した時にヒットする検索結果の上位3つまでを、意図的に自社物件で固めてコンバージョンレートを高める、賃貸物件サイト内SEOなどの仕掛けをし
ている業者すらあります。

住居系の賃貸物件は売買に比べて、それほど念入りに物件の調査をされることはなく、条件に合う物件が出れば、すぐに決まることがほとんどです。
よってこのSEO市場の中で、いかに多くの検索者の目に触れるかがもっとも重要な入り口であり、逆に言えば、メジャーな媒体の目立つ位置に掲載されていない物件は、非常に不利だといえるでしょう。

ですから、賃貸に出す際にはどこの業者の物件が検索をかけたときに目立っているのかを調査し、その業者に仲介を依頼すると良いでしょう。

📌空室を減らし、賃料を高く取るには→不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・マンション経営>にご相談。