レインズから元付業者の検索を依頼するにしても、手間賃程度で間に入ってもらうにも、事前に不動産業者とは仲良くしておく必要があるのは、前提条件です。

 

不動産業界の場合、会社にまで電話を掛けてくる迷惑なマンション販売のテレアポのイメージが強いなど、印象が良くないところもありますが、投資物件を取り扱う業者では、それほど頻繁に営業電話をするところはないようです。

電話を掛けてまで売り込みを掛けたい良い物件は、ほとんど出ないためです。

しかし、業者とは連絡先を交換して懇意にしておけば、物件の情報供給源を獲得できる、何かあったときに相談できるというメリットがあります。

 

ただし業者がすべて優良だとは言い切れません。
中には個人投資家を食い物にするような悪質業者も存在しています。

業者から上手い話を持ち掛けられた場合、本当にその情報が正しいのか、その物件は本当に適正価格であるのか、何か業者に不都合な情報が隠されていないか、などの裏どりはしっかり行い、納得できるまでは契約書にサインなどはしないようにしましょう。