広告手段の最適化(SEO対策)以外にオーナーとしてできることを挙げてみましょう。
主に以下の通りです。

 

①妥当な賃料を設定する
現地の賃貸物件市場の状況を見て、適切な賃料を予測しましょう。

②リフォームをして外観・内観、見た目の印象を良くする
類似物件に比べて客の付きやすい物件かどうかを見極めて、改善できるところは改善した方が良いでしょう。

③フリーレントを付ける
賃料そのものを下げるデメリットを避けつつ、借り手にも魅力的な条件となる、その双方を満たす手段となります。

④洗剤やトイレットペーパーなどをウェルカムキットとして提供する(低価格帯住居のみ)
⑤留学生受け入れ、ルームシェア化など賃料を高く取れる運営形態に変更する
⑥インターネット接続費用を賃料に含める
4~6については、ほぼ同条件の物件との競合状況を見つつ、必要であれば条件として着けるのも良いでしょう。

⑦テナント付けの賃貸業者に奨励金を支払って推奨物件として広告してもらう
客付け業者に奨励金を支払うことで、積極的に営業をかけてもらうことができるので、空室を避けたければ検討に値します。