賃料を下げるのは最終手段

未分類

賃料を下げるのは最終手段

居住者が見つからない場合、その理由が物件の賃貸条件がよろしくない場合があります。
ですがこういう場合でも、賃料を下げるというのは最終手段。
長い目で見ると、賃料を下げてしまうと収益としてマイナスになってしまうことが多いからです。

 

お勧めなのは敷金、礼金、保証金などを下げて、フリーレントや家具などのおまけを付ける代わりに賃料は下げないという方法です。
なぜなら、実務上は、まだまだ表面利回りが売買時の重要な指標として採用されているためです。

これは、ほとんどの不動産投資家が素人で、いまだに、賃料を表面利回りで割って売り出し価格を逆算しているケースが多いと考えられるためです。

したがって、賃料を下げ(H利回り低下)早くテナントを入れたい……というのは、売る時のことを考えると得策ではありません。
それであれば、フリーレントや敷金、礼金の値引きなど、賃料はそのままで入居者を募った方が、売る時に売りやすい物件となります。

 

昨今のJ-REITが持っているマンションにおいて、賃料は値引きしないが、その他の方法で実質的な値引きをする、というのも似たような理由からです。
彼らは常に見かけだけでも高い稼働率と、賃料水準を維持する責任があるのです。

個人投資家が経営するマンションもこれと同じで、表面的な賃料と実質的な賃料をうまく使い分け、さらに、物件ならではのウリを演出するなどマーケティング的な発想が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です